CHECKUP

CT検査

CT検査とは

CTとはComputed Tomographyの略でコンピュータ断層撮影のことです。身体をX(エックス)線でらせん状に撮影し、得られたデータからコンピュータ処理をして横断面(輪切り)の画像を作るコンピュータ断層撮影装置です。最新のCTでは得られたデータからいろいろな断面や血管などの三次元画像(3D画像)を作成し、より高い精度の診断に役立てることができます。

CT検査の特徴

主に肺がんを見つけるのに適しています。その他、造影剤といった薬剤を使用し、膵臓がんや肝がん等の検査も行っています。検出器の多列化に伴い、短時間で広範囲を薄いスライス厚で撮影する事が可能になりました。当院では64列128 スライスMDCT 装置SCENARIA(日立製作所製)を導入しており、心臓や血管系、CT装置による仮想大腸内視鏡検査も行っています。また、撮影した画像から3次元画像解析を行うワークステーションも備えてあります。

CT注意事項

CT検査は放射線を使用して検査します。放射線を体の周りを1周させる事で、体内の輪切りの画像を撮影出来ます。また次のような方は検査を受けられないことがあります。
体内の金属、電子部品、ペースメーカ(メドトロニック社製セラシリーズ)植え込み型除細動器( すべてのメーカー)除細動器の胸部撮影は完全禁忌、該当するペースメーカに関してはメドトロニック社の立会いの下検査を行わせていただきます。
他ペースメーカに関してはご予約時に確認をお願い致します。

検査機器のご紹介

CONTACT

資料請求・お問い合わせ

資料請求

資料請求

お問い合わせ

お問い合わせ
セントラルメディカルクリニックsetagaya セントラルメディカルクリニックsetagaya