COLUMN

コラム

パーソナルジムのメリットとは?エグゼクティブ向けの高級会員制ジムの魅力

なかなか20〜30代の頃のように体重をコントロールできない、健康診断で体脂肪の数値が上がってきた、スポーツジムに通いたいけれど続かない、食事管理が難しい…など、体重管理の必要性を感じつつ、なかなか行動に写せない50代、60代の会社経営者や上級管理職の方々も多いのではないでしょうか?この記事では、そんなエグゼクティブ向けのプレミアムなパーソナルジムのメリットをご紹介します。

一般的なパーソナルジムのメリット

専属トレーナーがサポート

大半のパーソナルジムでは、利用者一人に対して一人の専属トレーナーが指導します。栄養面、生活面に加え精神的にもフォローしてくれるので、トレーナーとともにトレーニングに向き合えます。

自分のペースで取り組める

利用者の目標に最適なプログラムを作成し、目標達成まで利用者のペースに合わせ柔軟に指導してくれます。

個室でトレーニングできる

個の空間で集中してトレーニングできます。大型のスポーツジムなどでは、他人の目が気になって集中できない方にはパーソナルジムがおすすめです。

エグゼクティブ向けの会員制パーソナルジムのメリット

ジムでトレーニングしたいと考える理由は人それぞれですが、主な理由は、健康維持のため、今よりもっと筋肉質な体型になりたいためなどでしょう。いずれの目標でも達成するには継続することが大前提となります。

そこで継続のしやすさからも、エグゼクティブにおすすめしたいジムは、最近、注目度の高いプレミアムなパーソナルジムです。

では、一般のパーソナルジムではなく、なぜプレミアムなジムがエグゼクティブに選ばれているのでしょうか?

主に以下のメリットが考えられます。

プライベートが守られた空間

著名人がパーソナルジムを選ぶ理由として、誰にも知られず、プライベートな空間で集中してトレーニングをしたいという思いがあるのでしょう。プレミアムなパーソナルジムの中には、トレーナー以外の誰とも顔を合わさずに通えるジムも多数あり、プライベートなジムとして、芸能人、アスリート、経営者などが足繁く通っています。

トレーナーの質が高い

パーソナルジムでは、専属のトレーナーがカウンセリングから、会員に合ったトレーニングプログラムの作成、意識すべき筋肉の使い方や食事のアドバイスにいたるまで、多岐にわたり指導します。そのため、トレーナーの手腕や相性によって結果が左右されることがあり、トレーナーの力量が問われます。従ってこうしたパーソナルジムには、知識や経験はもちろん、コミュニケーション能力も高い、実績豊富なトレーナーが在籍しています。

ボディケアが受けられる

プレミアムなパーソナルジムには、リラクゼーションスペースやエステなどのボディケア施設が完備されていることも多いです。トレーニング後のボディトリートメントで疲れを翌日に残さず、リフレッシュできるのもメリットです。

人脈ができる可能性がある

このようなプライベートに配慮したジムは一般的なジムと比較して入会金や月会費などの費用が高いため入会されている人はそれなりのステータスをお持ちの方が多いことでも知られています。従って、他企業や他業種のエグゼクティブとの交流が生まれ、人脈が築きやすいチャンスがあることはビジネスマンにとって大きな魅力ではないでしょうか。トレーニング自体は完全個室でまわりを気にせず行えますが、スパやラウンジでは富裕層の集まる場のようになっていることが多いようです。

会員同士の交流が生まれると、何気ない会話からビジネスや投資にまつわる情報などについて意見交換ができることもあります。著名人や政財界の会員も多く、人脈を広げることができれば、ビジネスへ発展する可能性もあり、高額な入会金や年会費以上のリターンがあるかもしれません。

高級会員制ジムは2パターン

プレミアムなジムには2パターンあり、ホテル併設のジムと、独立系ジムの高級ブランドがあります。ラグジュアリーなホテル併設のジムは、入会金がどこも100万円以上と高額で、会員を富裕層に限定しているところが多いのが特徴です。

独立系ジムの高級ブランドとして、大手スポーツクラブが運営しているジムは、ホテル併設ジムよりも比較的手軽に利用できるようです。エグゼクティブも満足できるハイグレードな施設とサービスを提供しており、エステや温浴施設などがあり、しっかりと体を癒やせるのも魅力です。

エグゼクティブや富裕層と呼ばれる方々の中には、普段から体を鍛えることを習慣にしている人がたくさんいます。体を鍛えることは、健康な体をつくるだけでなく、自らを律する力や、物事を進めるスキルの向上につながるともいわれています。このようなパーソナルジムに通うことで、健康と仕事の両面に貢献できるとしたら自分への最高の投資になるのではないでしょうか。

関連記事:忙しい経営者でも無理なく取り組めるダイエットとは?ダイエットの考え方と取り組み方

CONTACT

資料請求・お問い合わせ

資料請求

資料請求

お問い合わせ

お問い合わせ