顧問医サービス

身体の不安についていつでも相談できる「顧問医」

会員さまの健康管理をひとつの場所でずっと記録・管理し、ひとり一人に合った適切な予防医療や医療サポートを適時プランニングし、ご提案してまいります。また、電話ひとつで日常的な健康相談もカルテを基に専門医が対応。セントラルメディカル倶楽部では、宇都宮セントラルクリニックの最先端検査機器だから実現できる「科学的根拠ある医療サービス」を、「顧問医」サービスの密接な健康管理体制と、地域ネットワークに組み合わせてご提供いたします。

顧問医のご紹介

宇都宮セントラルクリニック代表
セントラルメディカル倶楽部顧問医

佐藤 俊彦

1985年 
福島県立医科大学卒業
1987年 
日本医科大学第一病院 放射線科
1989年 
獨協医科大学付属病院 放射線科
1993年 
鷲谷病院 副院長
      獨協医大非常勤務講師
1995年 
有限会社ドクターネット設立
1997年 
宇都宮セントラルクリニック開院
現 在  
宇都宮セントラルクリニック 理事
     セントラルメディカル倶楽部 顧問医
     ㈱AIIM JAPAN 代表取締役社長
     メディカルリサーチ㈱ 顧問
     ㈱フリール 取締役
     医療法人NIDC 理事長
     NPO法人ピンクリボンうつのみや 理事長
     トーマスジェファーソン大学 客員教授

宇都宮セントラルクリニック院長
セントラルメディカル倶楽部顧問医

斎藤 友雄

1992年 
新潟大学医学部卒業
      新潟大医学部付属病院 放射線科
1993年 
鶴岡市立荘内病院 放射線科
1994年 
長岡中央綜合病院 放射線科
1999年 
新潟大学大学院医学研究科修了
      新潟市民病院 放射線科
      日本医学放射線学会 優秀論文賞受賞
2001年 
新潟県立がんセンター 放射線科
2003年 
東京医科歯科大学医学部 放射線科
      佐野厚生総合病院 放射線科
2005年 
宇都宮セントラルクリニック院長
現 在  
日本医学放射線学会専門医
     日本核医学会専門医
     PET核医学認定医
     検診マンモグラフィ読影認定医
    日本医師会認定産業医


宇都宮セントラルクリニック外来
セントラルメディカル倶楽部顧問医

瀬尾 弘司

1990年3月 
獨協医科大学医学部医学科 卒業
1990年6月 
獨協医科大学病院 第一内科 入局
1993年7月 
獨協医科大学病院 第一内科研究員 兼
       鷲谷病院内科医長
1997年4月 
財)栃木県立衛生福祉大学校 講師
2002年4月 
財)栃木県保健衛生事業団 内科医長
2003年4月 
獨協医科大学病院 心血管肺内科
       非常勤講師
2004年4月 
宇都宮セントラルクリニック
       セントラルメディカル倶楽部顧問医
2011年1月 
医)宇都宮セントラルクリニック 常勤医

顧問医だからできること

<適切な診断による適切な治療時期の選択>

2004年11月付の会員様定期健診で、肺に異常陰影を発見。陰影の大きさ等から即座に手術等の処置は必要ないと判断した。
その後2005年・2006年と続けて観察。腫瘍の大きさに変化を認め、適切な時期に胸腔鏡手術を選択。がん組織を摘出し3日間の入院で退院。

適切な診断による適切な治療時期の選択

経営者の健康管理と「新」福利厚生セミナー